楽天証券のiSPEEDアプリに米国株式取引機能が加わると夜はパソコンの前にいる必要がない

iSPEEDアプリ

2020年2月16日注文分から米国株式の注文受付時間を拡大した楽天証券が、今度は2020年3月28日からスマホの株式取引アプリ「iSPEED」に米国株式取引機能を追加すると3月12日にリリースしました。

米国株式取引に力を入れた今回のアップデート、経緯と含めアプリも見てみます。

スポンサーリンク

楽天証券のプレスリリース経緯

2020年3月12日のプレスリリースで楽しみに待っていましたが、延期や予告が発表されています。

2020年3月27日、30日:アプリリリース延期

本日28日にダウンロードをしようと思っていたのですが、楽天証券の「重要なお知らせ」に延期のお知らせがありました。お知らせのタイムスタンプが27日の23:07で、夜中まで調整の末、公開延期の判断をされたことは想像がつきます。

30日は正式に延期としてアナウンスが掲載されました。

残念ですが、楽しみに待っています。

2020年4月24日:アプリリリース予告

ようやく、2020年4月24日のお知らせでiSPEEDの米国株式取引が対応されることが決定しました。アプリは4月27日のアップデートで利用可能ということでした。

2020年4月27日:アプリ配信

そして、27日のアプリ更新で米国株式対応となった新しいUIがお目見えしました。

2021年3月22日:逆指値注文

米国株式でも逆指値注文が可能になります。まずは2021年4月12日にiSPEEDでスタートです。

スポンサーリンク

新しいiSPEEDアプリ画面

新しくなったiSPEEDアプリの画面を紹介します。基本的には従来と大きな変更がないので、以前から使っている人にとっては新たに操作を覚える必要はありません。なお、スクリーンショットはAndroid版です。

iSPEEDアプリの基本的な使い方は、公式サイトの使い方ページからPDFのマニュアルをご覧ください。


画面下部の決算発表のお知らせには「決算発表(米国株式)」の文字があります。

資産・照会メニューには日の丸と星条旗が現れます。

保有しているSPYDの銘柄情報を見ることができます。

iSPEEDアプリで米国株式の買い注文を入れる方法を、SPYDの買付注文を例にして動画とスクリーンショットで説明しています。ご参照ください。

今回のアップデートによる私にとっての三つのメリット

1. スマホアプリがひとつで良い

スマートフォンで米国株式取引ができるアプリには、マネックス証券の「トレードステーション米国株 スマートフォン」という米国株式取引専用のアプリがあります。

マネックス証券とは対照的に、今回リリースのiSPEEDアプリは日本株と米国株がひとつのアプリで取り扱えるため、アプリを追加でインストールしなくてよいのがメリットです。

2. パソコンの前に座るために急いで帰宅しなくて良い

パソコンで注文を入れたり訂正をしなくてよいことです。米国は今は夏時間なので、市場が開くのは日本時間の22時30分となり、パソコンの前にいるのも冬時間の時よりは楽です。

しかし、22時台は自宅に戻ってないこともある時間帯であり、市場の動きによっては注文したくなってやきもきすることがあります。そこで出先で注文を入れたり、訂正や取消したりすることができるのは嬉しいアップグレードです。

3. 寝床からも取引できるのが良い

新型コロナウイルスによる外出自粛に伴い在宅勤務をしている今、当初懸念している状態にはなっていません。逆に就寝時間が早くなった昨今、寝床で注文をできるというのもメリットに感じてきています。

加えて、夜中に目が覚めてもパソコンを立ち上げずに、市場の状況を確認したり、指値を変えたりすることができるのも便利です。

iSPEEDアプリの残念なところは対策可能

外出先でも寝床でも米国株式の注文ができるiSPEEDアプリですが、残念なところもあります。

iSPEEDアプリだから、iSPEEDアプリなので、ではなく楽天証券では株価が15分程度遅れて反映されます。値動きの激しい株式の売買をする際、「今、この瞬間」の株価を正確に把握できないため指値の時に難しさを感じます。

その回避方法としては、私はブラウザで米国のYahoo! Financeを開いて現在の価格を確認し、iSPEEDアプリで指値を決めて入力しています。タイムラグがあるのは避けられませんが、この方法で15分といったタイムラグでやきもきする必要はありません。

と、iSPEEDアプリ、ひいては楽天証券の残念なところを書いたのですが、対策可能です。

【対策】楽天証券の米国株リアルタイム株価を申し込む

楽天証券には米国株リアルタイム株価という機能があります。一ヶ月330円の有料サービスで、やはり情報にも対価が必要です。

朗報は、条件を満たせば無料で使用可能。

ログイン後、「設定・変更」メニューにある「取引ツール・有料情報申込」をクリックし、「有料情報」の「米国株リアルタイム株価」を申し込むと、勤務先情報の提供とNYSEとNASDAQへ提出するための申告への回答で利用可能になります。

利用可能になっていると、iSPEEDアプリ上では銘柄のティッカーの左側に「リアル」の文字があります。(オレンジ囲み)

この米国株リアルタイム株価機能を使うとブラウザを立ち上げてYahoo! Financeを見る必要もありません。これはとても便利です。

iSPEEDアプリが便利になった今、株式の定期買付を希望したい

今回のiSPEEDアプリの米国株式対応は非常にうれしいアップグレードです。

米国株式の注文時間拡大、スマホアプリでの取引ときたら、次は株式の定期買付が導入されることが望まれます。米国株式の定期買付はSBI証券で実現されています。ちなみに、SBI証券にはモバイル端末での米国株取引がないので、長所と短所が相殺されています。

定期買付ができると、ETFや配当株を一定周期で買増すことが放置でき、使い勝手がさらに良くなりそうです。


iSPEEDアプリはバージョンアップすると投資信託が見られるようになるのか、気になる方もいると思います。そんな方はこちらの記事をご参照ください。