楽天証券のiSPEEDアプリで投資信託は取引できないけどモバイルサイトでは可能

iSPEEDアプリ

楽天証券のiSPEEDアプリは株式取引に便利なアプリです。

米国株式の取扱いが始まってから、米国株の取引をスマートフォンで行うことが増えました。もちろん、ETFの定期買付もiSPEEDアプリを使っています。

株式取引ではなく、投資信託の取引を主にする方もいると思います。

しかし、iSPEEDアプリをスマートフォンにダウンロードしたものの、投資信託取引ができないために「こんなアプリ使えない」と星一つをつけることはやめましょう。

結論から言うと、iSPEEDアプリでは投資信託の取引はできません。

iSPEEDアプリの用途は株取引のためのものなので、理解したうえで利用する必要があります。

スポンサーリンク

iSPEEDアプリからモバイルサイトへ移動する

アプリ上で投資信託の取引は出来ませんが、楽天証券のモバイルサイトへのリンクが張られており、行き方は以下の通りです。なお、本記事のスクリーンショットはAndroid版です。

ログイン後、画面最下部のアイコンから「メニュー」をタップすると、下記画面に移動します。ここに様々なメニューアイコンが並んでいます。

このメニュー画面を下にスクロールすると「楽天証券ウェブサービス」の中に「投資信託」というメニューを見つけられます。

この「投資信託」をタップすると、ブラウザーが起動してWebサイトへ移動します。

スポンサーリンク

楽天証券モバイルサイト

iSPEEDアプリでログインしたまま、投資信託メニューをタップすると、楽天証券モバイルサイトにはログインしたまま移動します。

そのため、移動直後から自分が現在保有している投資信託の資産合計や余力(買付可能額)などが表示されています。

このモバイルサイトでは、画面上部に表示されているメニューの取引が行えます。

投資信託のみの取引であればサイトに直接行くのでもよい

iSPEEDアプリを使えば生体認証でログイン出来るので、ログイン作業は楽です。

そして、生体認証でログインした後に楽天証券サイトに移動すれば、ログインIDやパスワードを入力する必要もなく、これは便利です。

しかし、投資信託だけしか取引しない上に、毎回ログインIDやパスワードを入力する労力が気にならなければ、iSPEEDアプリをインストールする必要はないと思います。

とはいっても、個人的には、まずは投資信託をとっかかりとして、将来的にETFなど株式取引を視野に入れているのであれば、様々なニュースに加えて株式や為替情報を一元で見ることができるiSPEEDアプリは入れておいて損はないと考えています。