SPYD以外の米国配当ETFを探そう – WisdomTree U.S. Quality Dividend Growth Fund (DGRW)(動画解説あり)

動画解説(メカブ投資channel)

米国配当ETFの銘柄を問えば、「SPYDだよね」という回答は少なくないと思います。実際、SPYDの日本語での情報量も多く、興味、関心のある人は一定数存在するでしょう。

そこで、SPYDではない配当ETFを天邪鬼的に探してみようというシリーズ第六弾。

今回は「ウィズダムツリー 米国株クオリティ配当成長ファンド(DGRW)」

個人的には、あまり聞き覚えがなかったのですが、総資産額は大きいこともあり、どのようなETFか見ていきます。

【注意】本銘柄は個人の意見として記載しているのみで、推奨されるものではありません。ETFの商品内容を確認した上で、ご自身の責任で投資判断を下してください。

スポンサーリンク

VOICEROID動画解説

本DGRWをコンパクトに説明する動画も作成していますので、記事と合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

ETF基本情報

最初にETFの基本情報を確認します。

DGRW
設定日2013年5月22日
経費率0.28%
総資産70億9,215万ドル
配当利回り1.73%
配当金支払い頻度毎月
銘柄数300
インデックスWisdomTree U.S. Quality Dividend Growth Index
引用:WisdomTree、Seeking Alpha(2021年12月28日時点で取得可能な情報から)

第五弾で紹介したQDIVの配当利回りが少ないことに触れましたが、その数値を更に下回る利回り。毎月と言うのを魅力に感じるかがポイントになりそうです。

一方で、設定日が2013年と長く運用されていて総資産が大きいETFです。この規模の総資産を有するETFをいくつか探すと、有名どころでは以下の様なものがあります。

  • SPYD – 52億8,000万ドル
  • QYLD – 54億5,000万ドル
  • HDV – 75億7,000万ドル

株価推移

DGRWの2021年12月23日時点の株価は、65.07ドルでした。DGRWの推移を過去五年間でS&P500と比較してみると、2020年3月まではDGRWがS&P500を上回っていたものの、その下落を境に回復時には逆転が発生しています。

Yahoo! Finance(DGRW、S&P500過去五年の推移)

DGRWがベンチマークとする指数

DGRWの目論見書に、本ETFがベンチマークをする指数が書かれています。その名も「WisdomTree U.S. Quality Dividend Growth Index」と言うもので、同じ会社から出されている指数ということが分かります。他社が提供している指数の連動を目指すケースが多いので、珍しいという印象を得ました。

WisdomTree U.S. Quality Dividend Growth Index

指数に組み入れられる条件

WisdomTreeには、複数の米国配当インデックスがあり、「U.S. Quality Dividend Growth Index」はその内のひとつです。この指数がどのようなものか。同社の説明には、配当金を支払う成長性のある会社で構成されるとされています。

その条件の概要は以下の通りです。

  • 米国の株式市場に上場している
  • 米国で登記、本社があること
  • 配当を過去12ヶ月の間に支払っていること
  • 時価総額が最低1億ドル
  • 過去三ヶ月間に日次の取引量の平均が最低10万ドルあること
  • REITを含む

上記に加えて、財務健全性などでの足切りもりあります。

組入比率

組入比率の決まり方は、時価総額ないしは、均等であるケースが多いのですが、この指数が興味深いのは、配当により決まる、という点です。

配当金に発行株式数を乗じて、各銘柄が支払う総配当額で比率が算出されます。

また、一社当たりの比率上限は5%、セクター上限は20%ですが、テクノロジーセクターの上限は25%で、不動産は10%としています。

組入銘柄

DGRWの構成銘柄は300銘柄あります。上位十銘柄は以下の通り。

銘柄構成割合(%)
Apple Inc4.99%
Johnson & Johnson4.62%
Microsoft Corp4.61%
Procter & Gamble Co3.52%
Philip Morris International Inc3.25%
Coca-Cola Co3.17%
Merck & Co Inc2.97%
Altria Group Inc2.88%
Home Depot Inc2.64%
Cisco Systems Inc2.61%
データ引用:WisdomTree(2022年1月6日時点)

上位十社の顔触れは全て知っている会社で、個人的には余力があれば保有をしたい銘柄もあります。

セクター構成

セクター構成を確認すると、テクノロジーが最も大きく、生活必需品、工業と続いています。金融の割合が小さいのが意外でした。

データ引用:WisdomTree(2021年12月28日時点)

配当金履歴

配当金履歴を確認します。2013年の当初設定から支払われています。月当たりの推移は傾向は掴みにくいですが、支払い状況は下記チャートの通りで、平均するとひと月、一株当たり7セント弱です。

データ引用:Dividend.com、Seeking Alpha

傾向を見やすくするために、各年の推移を示します。増配し続けていると言って良いでしょう。

データ引用:Dividend.com、Seeking Alpha、2013年は六月からの合計値

VIGの毎月配当版(?)と思った

DGRWを見てきました。私の印象は「VIGが毎月配当になった?」と言ったものです。

そこで、VIGと基本情報を比較してみます。VIGの株価がDGRWの約2.5倍で、総資産も10倍くらいの差があるのが大きな差異です。

DGRWVIG
株価(2021年12月23日)65.07ドル168.83ドル
設定日2013年5月22日2006年4月21日
経費率0.28%0.06%
総資産70億9,215万ドル774億ドル
配当利回り1.73%1.65%
配当金支払い頻度毎月四半期
銘柄数300268
インデックスWisdomTree U.S. Quality
Dividend Growth Index
S&P U.S. Dividend
Growers Index
引用:WisdomTree、Vanguard、Seeking Alpha(2021年12月28日時点で取得可能な情報から)

上位の組入銘柄は四銘柄の重複でした。全体では124銘柄が重複で、思ったほど重なっている訳ではありません。

DGRW銘柄VIG銘柄
Apple IncMicrosoft Corp
Microsoft CorpHome Depot Inc
Johnson & JohnsonJPMorgan Chase & Co
Procter & Gamble CoUnitedHealth Group Inc
Philip Morris International IncJohnson & Johnson
Coca-Cola CoProcter & Gamble Co
Merck & Co IncVisa Inc
Altria Group IncCostco Wholesale Corp
Cisco Systems IncComcast Corp
Home Depot IncAccenture plc
データ引用:WisdomTree(2021年12月28日時点)、Vanguard(2021年11月30日時点)

最後に、両者の株価推移を確認。銘柄の重複は半分程度であるものの、株価はほぼ同じ動きをしています。

Yahoo! Finance(DGRW、VIG過去五年の推移)

ここまで見てくると、どちらを選択するかは、かなり悩みどころになると思います。

  • 経費率が高いけど、毎月配当に魅力 → DGRW
  • 株価が手ごろで、米国株積立がしやすい → DGRW
  • やはり、経費率と安定の総資産 → VIG

といった視点で選ぶという事も出来そうです。

また、マネックス証券とSBI証券では本ETFの買付手数料が無用であるため、定期的に買い増しを検討するには、手数料の要素も無視し難いと思います。

ただし、繰り返しとなりますが、銘柄の選定は各人の資産や運用状況、方針に依存をするため、投資の前の調査は忘れずに行ってください。