はじめての投資 2. おススメの証券会社

はじめての投資

「投資をしよう!」と思ったあなたに、細かい説明を極力省略して簡潔に説明をする「はじめての投資」です。


スポンサーリンク

迷ったらこの三社

初回の記事で、証券会社で開設する口座がどのようなものか、証券口座には一般口座と特定口座があり、納税のための手間を考えると特定口座で源泉徴収にする、といったことを学びました。

さて、証券会社の口座開設をするにはどの証券会社が良いのでしょうか。インターネットで検索をかけると決まって出てくるのが「SBI証券」と「楽天証券」です。これら二社にもう一つ選択肢を加えると「マネックス証券」が挙げられます。

なぜこの三社かというと、インターネットでほぼ簡潔できる、取引手数料が安い、さらに一部取引手数料が無料というのが大きな理由です。

私は楽天証券で取引をしていて、気に入っている点は、昔ながらの証券会社と異なり、セールス電話がかかってこないことは非常に好印象です。

スポンサーリンク

三社からどう選ぶ?

でも、この三社からどう選べばよいのでしょうか。比較検討の要素は幅広く項目も多く、各人で要件が異なるため一概には表しにくいです。

全く異なる視点で、例えば、あなたに投資の話ができる知人や友人がいれば同じ口座を開設してみるという考えがあってもよいと思います。相談するときに同じ画面・インターフェイスを使っていると質問をしたり説明を受けたりしやすい、という理由です。

取引に応じて貯まるポイントサービスを軸に決めてもよいと思います。SBI証券はTポイント、楽天証券は楽天ポイント、マネックス証券は独自ポイントで外部のポイントへ移行可能です。

さらに、現在口座を持っている銀行との兼ね合いで決めてもよいかもしれません。住信SBIネット銀行であれば、SBI証券との連携は便利です。楽天銀行の口座と楽天証券の口座を連携させると銀行預金の利率がアップします。

復習

証券会社が決められない場合は、とりあえず、以下の三社を候補にするのが無難です。

SBI証券

Tポイントを貯めることができ、貯まったTポイントで投資信託を購入することができます。

S&P500を対象とした、SBI・バンガード・S&P500インデックスファンドもつみたてNISAで投資が可能です。

楽天証券

楽天証券には楽天証券ポイント、楽天ポイントの二種類があります。どちらのポイントコースを利用するかは、自分で選択することが可能ですが、楽天ポイントコースを選択するには、「楽天ポイント口座」が必要です。

さらに、楽天ポイントで投資信託の購入や積立ができます。

マネックス証券

独自ポイントのマネックスポイントを導入しています。マネックスポイントは投資信託を保有しているだけでも貯まり、Tポイント、dポイント、アマゾンギフト券、JALやANAのマイルに交換することも可能です。


本記事ではポイントに焦点を当てて紹介していますが、選択の視点は、あなたの身の周りの人が口座を持っている証券会社、現在あなたが貯めているポイント、取引銀行などでも構いません。

上記のリンクから各社サービスを吟味することはもちろん、上記三社以外でも自分のニーズに合って納得できればよいと思います。しかし「はじめての投資」なので限定的な選択肢から選ぶほうが迷いが少なくて済むのではないでしょうか。