米国株投資振返り(2020年4月末時点)

投資
スポンサーリンク

2020年4月30日時点の保有株

三月から引き続き、新型コロナウイルスとそれに纏わる諸々の事柄、および原油価格が主な話題であった四月でした。

そんな四月末時点の保有米国株の価格は以下の通りです。

銘柄株数平均取得価格(USD)現在価格(USD)現在価格計(USD)
T7031.786230.472,132.90
V22174.6359178.723,931.84
HDV7689.081981.766,213.76
QQQ17208.2141218.913,721.47
SPYD18334.526827.845,094.72

四月買付は過去の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

過去一か月の各銘柄の動き

どの銘柄も三月末時点の価格を上回っています。保有株式の時価総額も三月末時点で17,091ドルだったものが、21,094ドルとなっていて、買い増し分を加味しても含み益が出ています。

参考までに過去一か月間、それぞれの銘柄がどのように動いていたかを見ます。

Yahoo! Finance

四月に入った直後に底値をつけて、その後は上昇しています。

もっとも上昇したのはQQQで10.8%の上昇。一方でAT&T(T)は奮わず、0.8%の上昇に落ち着いています。

ETFを簡単にまとめます。

  • テクノロジー関連が半分近くを占めるQQQが健闘
  • ヘルスケア、通信のHDVも戻りが強い
  • 株価自体は低迷しているにも関わらず、四月下旬からの上昇カーブが目立つSPYD

五月に入って最初の週末は、下げ気味で終了しています。また5月4日週の前半は日本市場がお休みとなり、今のような状況下での動きは全く読めません。

そのような中で、五月のETF買付は、QQQとSPYDを予定しています。