楽天証券、米国株式の注文受付時間を拡大、週末にモヤモヤしない

投資
スポンサーリンク

概要

楽天証券は2020年2月16日の注文受付分から、米国株式の注文受付時間を拡大します。前は取引時間を狙って注文を入れていたので、冬時間はかなりつらかったのですが、それが平日の15時以降から注文を入れることができるようになって随分楽になったものですが、さらに拡大という嬉しさです。

今回の拡大で、平日は朝8時から、土日含む休日も注文受付が可能になります。個人的には土日に注文を入れておけるのは、便利になりそうです。

スポンサーリンク

詳細

楽天証券のサイトの情報を再掲すると以下の通りです。

  • 平日:午前8時~翌日午前6時(午後11時半~翌6時が市場取引時間)
  • 土: 午前8時~翌日午前6時(午前2時半~3時半、5時~5時15分は不可)
  • 日: 午前6時~翌日午前6時 (午前2時半~3時半、5時~5時15分は不可)

その他、夏時間の取引時間は冬時間より一時間早くなり、午後10時半~翌5時であることを留意しておく必要があること、 平日の 13:50~14:20は外貨決済でMMFを含む米ドル建の注文が受け付けられない、逆に、16:00~17:15は円貨決済での注文ができないなどといった注意点があります。

注意点や留意点は個人的には大して影響ないと思っています。

競合他社に並ぶようなった

楽天証券は注文受付時間で、SBI証券やマネックス証券と比較すると不利な状態にありましたが、これで遜色ないポジションに位置することとなっています。競争によって投資環境が整えられていくのは喜ばしいことです。