米国保有株の状況(2022年10月末時点)

投資

2022年第4四半期初月となる十月が終了しました。

十月中旬から下旬にかけて、株価は戻りの雰囲気が出ています。実際に主要指数のチャートを見ると、ダウ平均が力強い戻りになっています。

ただし、NASDAQ総合指数は弱く、テクノロジー関連にとって良い月だったとは言い難いです。

Yahoo! Finance(青:ダウ平均、緑:S&P500、ピンク:NASDAQ総合指数、2022年10月の推移)

さて、保有株式の評価損はどれくらい圧縮されているでしょうか。

スポンサーリンク

米国配当株

保有株の十月末時点の状況です。

銘柄平均取得価額(USD)現在値(USD)リターン(%)
CVS69.810294.7035.7%
JPM118.8235125.885.9%
LMT352.32486.6838.7%
MATW26.290526.882.2%
SPGI434.837321.25-26.1%
T18.23
V174.6359207.1618.6%
HDV90.2566103.0114.1%
QQQ278.6304277.95-0.2%
SPYD33.146439.0317.8%
2022年10月31日時点

今月の買増し

今月は、HDVとQQQに加え、MATWを買い増しています。平均取得価額の変化は以下の通りです。

  • HDV:90.1871ドル→90.2566ドル
  • QQQ:278.7787ドル→278.6304ドル
  • MATW:26.8578ドル→26.2905ドル

八月から十月の評価額変化

九月の暴落が大きかったのですが、十月は評価額が戻ってきており、三か月間の推移を見てみます。

銘柄8月31日株価(USD)9月30日株価(USD)10月31日株価(USD)
CVS98.1595.4494.70
JPM113.72104.61125.88
LMT420.24386.63486.68
MATW25.0122.4126.88
SPGI352.18305.73321.25
T17.5515.3718.23
V198.66177.81207.16
HDV100.9191.32103.01
QQQ299.27267.26277.95
SPYD40.2035.4539.03
2022年10月31日時点

CVS、QQQ、SPYDを除く銘柄は八月よりも高い水準まで戻ったことが分かります。

この中で異常値とも言える株価となったのはLMTです。これは米国が中心となって進めている「アルテミス計画」で使用予定の有人宇宙船 Orionを発注したことが、株価押上げの要因のようです。

スポンサーリンク

Penny Stocks

AQBとTMDIの状況は以下の通りです。

銘柄平均取得価額(USD)現在値(USD)リターン(%)
AQB7.00620.715-89.8%
TMDI2.24290.4501-79.8%
2022年9月30日時点

AQB、TMDIに大きな変化はありませんでした。

残すところ、2022年も後二ヶ月です。十一月の相場はどうなるのでしょうか。